講師自己紹介

 

 ろうどく倶楽部主宰

 開講中の講座

  ・草加市文化会館(原則毎月火・土 各1回)

  ・セブンカルチャー綾瀬(第2・4火曜日 19:00~)

  ・朗読サークルイベント企画と朗読アドバイス

  ・朗読検定対策講座(マンツーマン 日程は調整)

  ・2級インストラクター資格取得研修(マンツーマン 日程は調整)

その他活動

  ・チーム「昼下がりの蓄音機と朗読」(リーダー)

     蓄音機とのコラボ朗読会を、神楽坂カフェで随時開催                  

上田あゆみ    

S33生まれ

埼玉県在住

(一社)日本朗読検定協会 プロフェッサー(講師・検定試験検定員)

趣味は、日舞(名取)  部屋の模様替え

  

<講師資格取得のきっかけ>   

将来、朗読ボランティアをしたいと思い、人前に立つならまず勉強しておこうと

50過ぎから朗読を始めました。

大学のオープンカレッジ、放送局のスクール、通信講座で学びました。

 

そのうち「私の読み方上達してるのかな」と

ただ練習することに物足りなさを感じるようになり

二つの力試しをすることにしました。

ひとつは

2013年「文部科学省後援  第5回 青空文庫朗読コンテスト 」(予選通過後本選に出場)

ふたつめは

コンテスト主催者(一社)日本朗読検定協会の、 検定試験と講師特別認定試験の受験

    

このふたつの存在は、私のやる気を猛烈に掻き立てました。

「楽しい朗読」が「やりがい」に変わったのは、このおかげです。

そして、 2014年 (社)日本朗読検定協会 プロフェッサー※の資格を取得しました。

 

     ※プロフェッサーとは、日本朗読検定協会認定教室の開設許可や

        検定試験検定員資格を与えられた講師のことです。

        (社)日本朗読検定協会の講師紹介ページはこちらをクリックしてください

            http://www.roudokukentei.jp/instructor/        

  

<学生のころ>

学生時代は、短大に通いながら、演劇の勉強をしていました。   

化粧品会社提供番組の一般公募主役オーディションに挑戦し

最終選考で残念ながら主役は落ちましたが、友人役をいただきました。

素人でしたのでテレビ局の特訓を受け、半年間「夫婦ようそろ(TBS朝ドラ)」に

出演しました。

この時の経験、ディレクターやベテラン俳優から頂いた『暖かい厳しいアドバイス』は

その後の私の宝物となっています。

また、このようなことが、朗読を始める元となっいると思います。

   

<企業に勤務していたころ>  

学校卒業時、芸能界は私の進路ではないと感じ、広告会社に入社しました。

管理部門に所属し、制度改正説明会・労務管理に関する研修・広告と人権に関する研修・ハラスメント防止対策研修・ワークライフバランス推進研修等、社員に説明理解してもらう仕事を多くしてきました。

36年間勤務しましたが、朗読活動に注力するため、2014年12月、希望退職しました。

 

<朗読を通してみなさまにお伝えしたいこと>

私の経験を通し、確信していることがあります。

朗読は、楽しくやりがいのある趣味であるだけでなく

コミュニケーションに、大いに活きてきます。

聞きやすい声の出し方、意味を明確に伝える工夫、聞き手の反応への対応等

まさに、朗読のコツがそのまま生活や仕事に活かせることを、実感してきました。

 

朗読は奥が深く、これでいいと満足のいく方は少ないと思います。

私も途上であり、現在も勉強中です。

こんな私ではありますが、勉強していること、経験から得たことをお伝えしながら

楽しい講座を心掛けてまいります。

 

よろしくお願いいたします。